読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セブ語学留学まであと2週間だけど、全く勉強に手を付けていない。

日がながくなりましたね。

春の訪れを日に日に感じるこの頃です。

お散歩やハイキングなんか楽しい季節ですね。

全く心にない言葉ですけど。私筋金入りのインドアなんです。

 

2週間後にはフィリピン留学ということで、引きこもって勉強してません

してません。。。

やらないと、、、と思い続けてついに出発まで2週間を切ってしまいそうです。

学生の頃からこんな感じでテストはだいたい一夜漬け。

だらしのなさも筋金入りです。

 

 

 

1ヶ月前に、事前学習用にと教材を送ってくださったのですが、開封して本棚に格納しっぱなし。

 

送ってくださった教材↓

 

 

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK) 

 

 

この本、開くと、左ページは日本語、右ページは英語となっていて、

非常にシンプルでわかりやすいです。

f:id:ama-ocean:20170309164746j:plain

 

 

 CD付き(未開封)

f:id:ama-ocean:20170309164808j:plain

 

 

留学の申し込み完了時、事前学習期間が短いからと早急に手配してくださったのにこの新品感。

今からでも、多少使用感が出るくらいまでは勉強しようかなと思います。

というかします、すみません。

 

 

お世話になる、セブ英語倶楽部さん

cebuec.com

 

去年6月にできたばかりの新しい英語語学学校です。

生粋の日本人経営。

お二人の日本人の方が共同で経営されているそうです。

 

これって結構珍しい事なのだとか。

 

 

日本語のホームページもあって日本人講師が在中してるけれど、

 

オーナーは韓国人

 

てケースが結構あるみたいです。

費用がお安いところは特に。

 

 

韓国人オーナーが特別に悪いというわけではないのでしょうが、

そういった学校の中には、現地でいきなり別途教材費がかかったり、トラブルになるケースも多いそうな。

 

 

そして食事。

 

毎食キムチが出てくる

という都市伝説を耳にしたことがあります。

 

これは別にキムチ好きならいいですけどね。

私はキムチ好きなので、むしろWelcomeです。

毎食だと体臭きつくなりそう。

 

 

問題なのは味。

留学者のサイトなんか見ていると、口に合わないという意見をよく目にします。

 

日本人の食に対する執念て、時折常軌を逸したところがありますよね。

腐った大豆しかり、ナマの魚にナマの卵しかり

ふぐの卵巣も塩漬けにして食べちゃいます。

毒がなくなる理由もよくわかってもないのに。

 

 

 

どうにか自分たちの体に合うように昇華させ、そして食す。

それが日本人。

 

そんな先人たちの、変態ともいえる遺伝子が組み込まれた私達ですから、まぁ味にもうるさくなるのでしょう。

 

せっかく勉強しに行っているのに、食事が合わなくて勉強に身が入らないなんてことにもなりかねませんからね。

モチベーション大事。

 

 

それに比べてこちらのセブ英語倶楽部さん

 

・昼食、夕食、完全日本食。

 

・費用がコミコミでわかりやすい

(しかも安い)

 

食事は、宿泊先のホテルに入っている日本食レストランにて、

「日本食風」ではなく、正真正銘「日本食」

 

(正真正銘の日本食ってなんだ。。。)
 
 
(´-`).。oO(日本食風。。。)

f:id:ama-ocean:20170309185416j:plain

 
 

 

“日替わりメニューと共に、日本米・お味噌汁が毎回提供され、海外での留学生活中でも日本食が恋しくなることはありません”

 

 

なんて嬉しいお言葉。

そこまで考えてくださってるのですね、セブ英語倶楽部さん。

 

これは日本に暮らしているよりも日本食三昧になる予感がします。

そして健康になれる気がします!

セブの真っ赤な太陽のような、キラキラアラサーになれる気がします!

 

 

経営されている日本人の方も在中されているそうで、これもまたプラスポイント。

1ヶ月とはいえ、慣れない土地で生活するわけですから、こういった気配りはとてもうれしいものです。

 

 

せっかく素晴らしい環境を提供してくださるのだから、これは頑張らねば。

 

とりあえず、I have a pen.からはじめます。。。

 

f:id:ama-ocean:20170309185846j:plain